【腱鞘炎/手首の痛み/肘の痛み】
〈症状〉
重い物を持てない。(重い物を持つと、手首、肘が痛い。)
物を握ると、手首や肘が痛い。
手の指や手首を動かすと、手首や肘が痛い。


〈診断〉
手や手指を一方向にのみ反復動作を繰り返していると、その拮抗筋(伸ばされている側の筋肉)が伸ばされ続けて疲労や損傷を起こします。
この状態の拮抗筋が炎症を起こして痛みを感じるようになります。

〈治療〉
痛みの原因となっている筋肉や靭帯に鍼療法を行います。
この場合主な原因と考えられる筋肉は、長母指外転筋、指伸筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、腕とう骨筋などがあります。
筋肉保護のためにテーピングも行います。
また、改善のための運動方法や生活環境の注意点を指導させていただきます。
専用のサポーターを利用する場合もあります。

その他、ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【腱鞘炎/手首の痛み/肘の痛み】に関するお客さまの声

 上をクリック

Top

※掲載内容の無断転載・再配布は固く禁じます